TOP工房あれこれブログ日記 ≫ 晴れた日はおうのもりから大山が良く見える!

晴れた日はおうのもりから大山が良く見える!

古代出雲の時代、いまみや工房の周辺は国庁が置かれた都であり、ここ一帯は意宇の郡(おうのこおり)
と呼ばれていました。ヤツカミズオミツノミコトがくにびきをおえられた舞台、おうのもりがすぐ近くにありますがそのあたりから東を眺めると壮麗な大山、西は神名樋山(今の茶臼山)が鎮座。
祈りの対象でもあったことでしょう。

この大山は昨年の大晦日の撮影です。もうそろそろ暖かくなってこんな景色が見たいものです。

daisenn.jpg



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL