TOPスポンサー広告 ≫ 出雲風土記にも登場!玉造温泉に格安250円で入湯~TOP工房あれこれブログ日記 ≫ 出雲風土記にも登場!玉造温泉に格安250円で入湯~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

出雲風土記にも登場!玉造温泉に格安250円で入湯~

出雲風土記(いずもふどき) 意宇の郡(おうのこおり)より

すなはち川の辺(へ)に出湯(いでゆ)あり。
出湯の在る所、海陸(うみくが)を兼(か)ねたり。
仍(よ)りて、男も女(をみな)も老いたるも少(わか)きも、或(ある)は道路(みち)に駱駅(つらな)り或は海中(うみなか)を洲(す)に沿(そ)ひ、日(ひび)に集(つど)ひ市(いち)を成(な)し、繽紛(まが)ひて燕楽(うたげ)す。
一たび濯(すす)げばすなわち形容(かたち)端正(きらきら)しく、再び沐(ゆあみ)すればすなはち万(よろづ)の病(やまひ)除(い)ゆ。
古(いにしへ)より今に至るまで、験(しるし)を得ずといふことなし。
故(か)れ、俗人(くにひと)神の湯と白(い)ふ。

なお、川のほとりに温泉がある。
温泉のあるところは、(潮の満ち干により)海にも陸にもなる。
だから、男も女も老いも若きも、ある時は道につらなり、ある時は海を浜に沿って歩き、毎日集まるので市が立ち、まじりあって宴をひらく。
ひとたび入湯すれば容姿がまばゆいほどうつくしくなり、再び入湯すれば万病がことごとく治る。
いにしえから今に至るまで、効き目がなかったことはない。
だから、土地の人は神の湯といっている。

すばらしいですね~。
結構、温泉マニアの三島です。
ゆーゆ は・・・なので玉造温泉に行くときはいつも千代の湯です。日帰り入浴800円ですが、完全賭け流し。
露天風呂最高!
番頭さんの愛想がいまいちなのが玉にキズですが。落ち着いて温泉情緒を楽しみたい人にはお勧めです~。

他も行ってみたいですが、大体1000円から1500円ですのでちょっと思い切りが要りますね~。

さて、昨日、家のボイラーが壊れて、温泉に行こうという事になりました。
調べて見ると玉造国際ホテル、500円で入浴できるとのこと。平日で時間もないし、1度行って見よう!ということで行ってきました。

受付で、なんと!今リビングしまねご持参で半額サービス。フロントにおいてあったリビングしまねで半額にしてもらいました~。

3人で750円。落ち着いた玉造の湯。最高です。

さすがに循環ろ過のお湯でしたが、塩素臭もなく、サラッとした感じでしたがとてもいい湯でした。
宍道湖も眺められ、お勧め。

系列の長楽園からお湯を引いているとのこと。

ちょっとひなびた感じのホテルですが、近くて便利、リーズナブル。
皆さんもいかがですか?
250円は今のうちでしょう。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。